×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒアルロンサンの特質とは??

ヒアルロン酸の特質は、保水力の高さです。しかし仮に1gあたり80mlとしても、ヒアルロン酸の保水力は相当なものですから、美肌作り・美容対策の強力なサポーターといえるでしょう。
しかし、実質は1gあたり80mlとする説もあります。ヒアルロン酸は、アミノ酸の一種である酸性ムコ多糖類で、炭素、水素、酸素、窒素で構成されており、アミノ酸の基本構造と同じ分子構造をもっています。
ヒアルロン酸とは、体内の眼球、皮膚、関節、へその緒などに存在するゼリー状の物質です。ヒアルロン酸の保水力は、1gあたり500ml〜1Lとも6Lともいわれています。
ヒアルロン酸を補うことで皮膚の保湿力を高め、みずみずしさとハリのある美肌を取り戻せるということで、その美容効果が近年注目されています。ヒアルロン酸は、年齢が進むとともに体内から減少していき、そのため皮膚のみずみずしさが失われていきます。

ヒアルロンサンの特質とは??パート2

ヒアルロン酸とは、米国コロンビア大学教授のマイヤーとパルマーによって発見された、細胞内に存在するアミノ酸の一種であるムコ多糖類のことです。
ヒアルロン酸は保水力が高く、体内の水分の多い部分、皮膚や眼球、関節などに存在して水分を保ち、それらの機能を正常に保つ役割も果たしています。
ヒアルロン酸は、もともと体内で作られるものですが、大変壊れやすいものであり、かつ年齢を重ねるにつれて作られる量も減っていきます。
ヒアルロン酸の量を比較してみると、0歳の赤ちゃんがもっとも多くもっており、これを100とするなら、20歳で80、40歳で50と半分になり、60歳では25と1/4になってしまいます。これでは、年をとると肌のみずみずしさが失われ、しわやたるみができたりするのも頷けますね。
こうしたことから、「ヒアルロン酸を補充することでお肌の若返りが可能」と、美容面での効果が期待されているわけです。

ヒアルロンサンと注射の関係

ヒアルロン酸は保水力が高く、ヒアルロン酸を補充することで、美容面の効果が期待されます。
ヒアルロン酸に限らず、皮膚に浸透していくのは分子量が3000くらいのものまでなので、分子量が100万〜800万もあるヒアルロン酸は、肌から直接吸収させることが難しいといわれます。そのため低分子ヒアルロン酸というものも開発されています。ヒアルロン酸で美容施術を施す場合は、注射・注入するのが一般的です。
ヒアルロン酸注射による美容整形のメリットは、プチ整形と呼ばれるように、手軽に注射するだけですみ、簡単であるという点です。またヒアルロン酸自体が、もともと体内で作られているものですから、安全性が高いという安心感もありますね。
ヒアルロン酸注射による美容整形のデメリットは、ヒアルロン酸が徐々に体内に吸収されていき、効果がなくなっていくということ。効果持続期間は、最大約1年。注射した場所や量によっては数ヶ月で効果がなくなることもあります。
ヒアルロン酸注射の美容効果を保持したい場合は、定期的に注射するしかないといえます

Copyright © 2007 ヒアルロンサンの特質とは??